日々思うことを適当に


by japanblue12
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日はLabor dayで久々の3連休です。

ここサンディエゴでは、自宅から車で30分圏内のゴルフ場は2桁を越えます。
知り合いの赴任者の妻は、こちらで年間200ラウンドを越えたとか。。
それもどうかと思いますが、、、その位ゴルフをやりやすい環境だと思います。
来年のUS openもTorrey Pinesで行われるようですね。

自宅近隣の8つのゴルフ場が登録しているJC golfなるものがあり、登録ゴルフ場共通で使えるplayers card($349)があるのですが、これが5回のタダ券+play割引券その他優遇があってかなりお得です。タダ券だけで十分元が取れます。サンディエゴに居て買わないでまともに行ってたら大損ですね。

最近急に回数が増えてきました。
しかし、スコアは低迷しており、向上の兆しも見えません。悩みは増すばかりです。
私のように100前後を行ったり来たりしてるレベルでも、グリップや振り方にそれなりにこれだ!というチェックポイントがあったつもりだったのですが、2年近く行ってなかったこともあり、それは単なる思い過ごしだったことがわかりました。。特にドライバーがまったく安定しません。
そこで、今後もこっちにいる間はきっとたくさん行くだろうし、腕の悪さを最新の技術でなんとか補ってもらおうと、駆け込む思いでconvoyのfairway golfに行き、思い切って10数年物のクラブを卒業してドライバーと3番ウッドを新調しました。
Calloway、Taylormade等何本か試打させてもらったうちから選んだのは、Nike SUMO2!!Callowayといい、この手の四角い形状に最初はかなり違和感がありましたが、試打を繰り返すうちに、んっ!結構いいんじゃない!?、ということになりました。
f0013367_414239.jpg

Driver
シャフト:ALDILA VS PROTO65-S(S)
ライ角:10.5度
3番ウッド
シャフト:Diamana(S)
ライ角:15度

”SUMO”はSUper MOmentのことだそうで。
「このスーパー慣性モーメントにより、オフセンターヒット時の打点のズレによる、インパクト時のエネルギーロス、フックやスライスなどの方向性のミスは最小限に抑えられ、その結果、安定したストレートボールにより確 実に最大飛距離を出すことが可能に。
ドライバーショットにおける理想の"ブレなく、まっすぐ、もっと遠くへ"を実現します。 」
とのこと。

f0013367_4442152.jpg
このdriver、発売当初は製造工程の原因で反発係数がUSGAルールの上限を超えるものが混在していることが発覚して問題になったらしいですが、現在はUS発売品には検査済の証明となる○印がヘッド裏の”SQ”とナイキマークの間に刻印されています。(→)私が購入したものもこの刻印がありました。日本で売ってるものは最初から検査済みだそうです。
しかし、こういう話題作りもナイキの販売作戦の1つでは?

さて、この投資が「最新の技術でも腕の悪さはいかんともし難い、か...。(涙)」ということになるか、「やはり技術の進歩は素晴らしい!(^^v」になるか、、、楽しみです!
結果次第ではアイアンの新調も○△■※...。
[PR]
# by japanblue12 | 2007-09-04 04:17 | その他

駐車場に留まってる車達

うちの会社の駐車場に留まってる車達の一部です。
周りを見ていると、こっちの人は日本と比べて白よりも濃い目の色が好きみたいです。

最初はカイエン。
この色、カーコンフィギュレータで見るとプロセコメタリックというのでしょうか?いわゆるシャンパンゴールドです。こちらで見る色では一番多い気がします。私もこの色が好きで、これを意識してレクサスも似た色を選んだのですが、残念ながら並べると全然違います。
f0013367_1621118.jpg

次はカレラです。やっぱりゴールド。。土地柄かopenも多いです。
お尻のナンバーの左右がボコっと突き出ているのがわかりますでしょうか?ケイマンもボクスターもこっちでは同様の仕様になっています。
f0013367_168973.jpg

f0013367_1654225.jpg

ケイマンS。これも私は日本では見たことない色です。
f0013367_16125489.jpg

やっぱりお尻にでっぱりがあります。
f0013367_16161036.jpg

最後に、とってもチャーミングな車を。
この頃のBMのスタイル、大好きでした。このカラーもいいですね。
f0013367_162478.jpg

f0013367_16261142.jpg

ナンバープレートもお洒落です。
f0013367_1627193.jpg

[PR]
# by japanblue12 | 2006-12-13 16:29 | その他

ジムカーナ

今回は写真多めで。
クオルコムスタジアムの駐車場で行われていたジムカーナを見に行ってきました。
f0013367_17205355.jpg

クオルコムスタジアム(上写真奥)は、スーパーボウルや大リーグのワールドシリーズも行われたことがあり、同じサンディエゴにあるペトコスタジアム(最近では日本が優勝したWBCが行われた)と並ぶ有名なスタジアムですが、私的にはサッカー日本代表がジーコ時代の米国遠征でウルグアイと国際試合をした場所としても記憶に残っています。ここでSCCA(Sports Car Club of America)主催のジムカーナが行われると聞いて見に行ってきました。申し込みは簡単なようです。

写真でその広さが伝わるかどうか??ですが、とにかく広~大な駐車場に、スキーで言えば大回転程度の幅でパイロンを立てて、一周大体70秒前後のコースを作って、そこでタイムを競うというもののようです。
f0013367_17302757.jpg
向こう~の山のふもとまで駐車場が続いており、そこにテキトーに(としか思えませんでした)コースを作ってます。上写真真ん中あたりに赤い点にみたいに見えるのが車で、これがコースの真ん中辺りだと思います。
↓がスタート位置。
f0013367_174926100.jpg

いろんな車が参加してましたが、残念ながらポルシェ率は0で、PontiacやCorvette、ロードスターなどが多かったです。エリーゼはいました。
f0013367_512112.jpg

↓のようなカートも一緒になって走ってました。これが一番早かったですね。左に旗持って立ってるおじさんがスタート係です。
f0013367_17404171.jpg

その他には、こんな車や・・・
f0013367_17505573.jpg

こんな車Zも・・・
f0013367_175143100.jpg

f0013367_17532171.jpg

背中の”JAPANESE SPECIALIST”の文字が泣かせます・・・
車が大好きな人達がここにも居るなーと感じました。
[PR]
# by japanblue12 | 2006-12-05 17:45 | その他
サンディエゴのダウンタウンから、レインボーブリッジを危なくした感じの75号線の橋を渡ると、Coronado Islandがあります。土産物屋やレストランを抜けた所に、ランドマークのHotel Del Coronadoがあり、そこから先は、地図で見ると10km程の長~い砂浜Coronado beachが続きます。
f0013367_16103530.jpg

天気の良い休日(大体毎日昼間は天気が良いですが)、ちょっと時間が空いた時はよく本を片手にこのbeachに行ってゴロゴロしています。

Hotel Del Coronadoは、この砂浜の北側の端に位置し、マリリンモンロー、クリントン、レーガンなど有名人が泊まったことがあるそうで、ここのレストランPrince of Walesは、歴代の大統領も来るたびに食事をするそうです。私はまだ中に入ったことがありませんが、特にハイクラス限定というわけでもないようだし、古いですが雰囲気はとても良いそうなので、いつか行ってみたいと思ってます。
いつもこの辺りに行く時はビーサンなので、ちょっと敷居が高くてまだ入ったことないんです。。
f0013367_16232986.jpg

[PR]
# by japanblue12 | 2006-12-02 16:25 | その他

Thanks giving

木曜のThanks givingから4連休でした。

Thanks givingの由来は、こんな感じだそうです。初めてこちらで迎えるこの日、個人的には文化に触れてみたい気持ちもあって、友人達とダウンタウンの海沿いのレストランにThanks givingランチに行きました。
ランチはブッフェ形式で満員。料理自体は、ご想像通り?これぞUSの起源という感じで、ターキー、ビーフの丸焼きとヤム芋やマッシュポテトなど。
f0013367_110223.jpg素朴で、決してうまい!という程のものではありませんでしたが、海を眺めながらワイン片手に楽しいランチになりました。

Thanks givingは、一方で年末までのバーゲンセール期間のスタートでもあり、次の日はブラックフライディと呼ばれて、「One day sale」とか「AM5時からAM11時まで」といった時間制限をつけたりして、通常の2-3割の価格は当たり前、みたいな感じになります。なので、みんな前日あるいは朝暗いうちから店頭に並んで凄い騒ぎになってました。ブラックフライディの由来は、暗いうちから開店するからか?と思ってましたが、どうも1年の赤字がこの1ヶ月で黒字になる位売り上げが伸びることから来ているようですね。
私もFly'sという大型電気量販に行って無線LANルーターを購入。通常価格$60のところ$20で、お得感にニッコリでした。
[PR]
# by japanblue12 | 2006-11-28 01:10 | その他

ローカル免許取得

先週の木曜に会社を抜け出してローカルの運転免許の路上試験を受けてきました。
先日のブログでも書きましたが、免許取得のためにはDMV(Department of Motor Vehiclesに行きます。ここは、日本の警察の免許センターと陸運局をあわせたような機能のところで、免許関連やナンバー関連の業務が主のようです。

カードで買い物をするとI.D.の提示を求められることが良くありますが、その場合に、顔写真入りの運転免許を通常はみんな見せています。これがないと、買い物にいちいちパスポートを持ち歩かないといけなくなるので、そういう意味でも米国生活には一刻も早くほしいアイテムです。

運転免許取得のためには、ペーパーテストと路上試験の2つに合格する必要があります。受講料は両方合わせて$26。
ペーパーテストは3択で、文章問題と標識識別で合わせて50問程度、日本語での受講が可能です。勿論私は日本語で受講しました。申し込んでからホントーに簡単な視力検査(受付のおばさんが申込書で私の片目ずつを隠して、自分はフロアの中央あたりにぶら下がってるアルファベットを読みあげる)をした後、同じフロアの一角の椅子が並んでるところでペーパーテストを受験します。スタート時間も終わりも決まってなくて、個別にやってOKだったら採点係のおばさんに渡して、しばし結果を待ちます。ちょっと面白いのは、ペーパーテストは$26で3回まで受講が可能で、落ちたらその場で受けなおすことが可能なことです。実は私も1回目は落ちて、2回目でパスしました。^^;内容は、日本とおんなじでひっかけ問題もあればストレートな問題もありですが、日本語がちょっと変です。。

ペーパーテストは行ってすぐ受講可能ですが、路上試験は予約mustで、ペーパーテストが受かったその場で予約して帰ります。私の場合はペーパー受験から半月位後でした。それが先週の木曜です。試験には自分の車で行く必要があります。
こっちはいろんな部分で日本のようにきっちりはしていなくてテキトーなとこが多いですが、DMVも同様で、時間に関してはまったくルーズもいいとこです。PM1:15の予約が、結局1時間位待たされました。試験官が来て、ウインカー、ハザード、ハンドブレーキやブレーキランプの操作をさせられ、その操作とライト等が点灯するかどうかを確認されます。最後にハンドシグナル(右折、左折、停止)の動作を要求されます。その後、試験官も助手席に乗り込み、路上に出てテストになります。
路上テストは15分程度、主に車線変更での安全確認動作や、速度制限、停止線での停止位置などをチェックされているようです。結果はOKでしたが、私は不必要にブレーキを使いすぎるということで減点されていました。不要なブレーキを使うと、後続の車に迷惑がかかったり、渋滞の原因にもなりうる、という理由のようです。まあ、そう言われればそうかも、ですが。
免許証は2週間から1ヶ月程度で郵送されてくるようです。

びっくりなのは、以上のことは既に日本で免許を取得している人もまだ免許がない人も同じなんですね。こちらでは、日本の自動車教習所のようなステップを踏む必要はないんです、ある意味怖い話ですが。ペーパーテストに受かった状態が日本の仮免と同じ状態で、隣に免許取得者が乗っていれば公道を運転してOKです。日本のように「仮免許練習中」の表示は勿論必要無し。ただし期限は付いていて、その間に路上試験を受けるわけです。
道路が広いこちらならでは、でしょうか。

ということで、米国生活のキーアイテムをまた1つ取得できました。
後はクレジットカードの使用履歴ですが、これは時間がかかるので仕方ないですね。履歴がないとケイタイやCATV、水道料金まで保証料を取られます。ケイタイは、私が契約したベライゾンの場合、私のように0からのスタートだと最初の3ヶ月間はこちらから国際電話はかけられません。これでは困るので、自分の場合はトータルコールというものを利用しています。

ps.俊輔、万歳!!
[PR]
# by japanblue12 | 2006-11-24 04:16 | その他

車購入

もう1ヶ月半にもなりますが、車を購入しました。

最初はやっぱりポルシェディーラーに行きました。^^)
MiramarのPioneerCentresというお店です。値段も出ていますので、リンク先を見てみてください。こちらでは大体300万円以上の車はすべてレザーシートが基本です。MSRPというのがメーカーの希望小売価格に相当し、Kelley Blue Bookなどに掲載されています。大体この値段に8%位税金を上乗せすれば、値引きなしの購入価格に相当すると思います。
日本の値段と比較するとかなり安いですよね。

こちらではポルシェと言えど日本のように注文してじっくり待つという買い方は一般的でないようです。基本的にどのディーラーも中古車屋並の台数で新車在庫を持っており、しかも青空駐車で砂埃まみれで並んでいて、基本的にどれでも試乗OKです。なので安いのは当然だと思います、がそれでも安いですよね。
ナンバーはDMVという日本の陸運局+免許センターみたいな所から、購入後約1ヶ月後に送ってくるようになっており、その間はディーラー発行の暫定ナンバーのシールをフロントガラスに貼っていればOKです。なのでお金を用意して、汚れを気にしなければその場で乗って帰ることも可能かも知れません。

f0013367_16421465.jpg
で、結局何を買ったかというと、、、引っ張った割にひねりがなくてすいませんが^^;、レクサスのSUV(日本ではハリアー)でRX350です。ここに来て戴ける方々は、当然「じゃあカイエンでしょう!」と思われたでしょうねー。勿論私もそれが第一希望で、今もそれは諦めていません。
レクサスにした理由は4つあって、1つ目は、USなので当初から買いだめした荷物等運搬が楽なSUVを狙ってたこと、2つ目はUSでのカード支払いの履歴がないので、ローンの利用は難しく現金で買うしかなかったこと、3つ目はUSは中古車の下取り価格が非常にいいこと(当然中古購入価格も高い)、4つ目はレクサスの故障の少なさと保証の高さです。
f0013367_117285.jpg
2つ目に関しては、日本で作ったカードをUSで使った履歴は役に立ちません。3つ目は、一部のアメ車はそうでもないですが、特に日本車やドイツ車の下取り価格は凄く良いです。レクサスの場合、最も値落ちする最初の1年落ちでも$5000程度中古価格が下がるだけです。私の友人が最近7年16万km乗ったTOYOTAのSUVの見積もりを聞いた所、購入価格の1/3の値段が出てきたという話もあります。当然中古も含めカイエンも考えましたが、今までずっと新車にこだわってきたこともあるし、高い中古を買うよりは新車を買うことを選択しました。

でも、やはり車の性能を比較してしまいますね、仕方のないことですが。
特に足回り、柔らすぎです。こちらは高速と言っても無料なのでそれはいいんですが、道も悪いので、どうしても柔らかめなsettingになってくるのかもしれませんね。

でもいつかは、また戻りたい!です。
[PR]
# by japanblue12 | 2006-11-21 18:08 | その他

おひさしぶりです

、、、って誰に言ってんだかという感じですが、USに来て今日でちょうど1ヶ月になりました。カリフォルニア州サンディエゴという所に来ております。たぶん4~5年は居る事になるのではないかと。

現在はまだホテル暮らしですが、借家も決まり明後日に引越して、そこでネット環境が整ったら本格再開ということにしようと思います。

さてMyボクスタ-ですが、、、結局PC横浜の中古センターで泣く泣くサヨナラして来ました。
値段は、言っちゃいますが560万円でした。「えー、そんなに安○・・・」とかいうたぐいのコメントは勘弁してください。(涙)以下は中古センターでの最後の姿です。
f0013367_1732436.jpg

今は亡き、なのでナンバーもそのまま掲載します。思えば中田英寿の背番号を意識してPCの方に抽選で取って戴いたナンバーでしたが、中田と共にサヨナラになってしまうとは、、。(号泣)
しかし、あらためて見てもやっぱいかっこいいなぁ・・・

次はこちらでの車購入記辺りから始めたいと思います。
[PR]
# by japanblue12 | 2006-10-20 17:20 | その他
国立、行ってきました。やっぱり埼玉と違って近くていいですね(笑)

今回のチームは暫定チームでしたが、フレッシュな顔ぶれに期待が高まります。前回の五輪世代が中心という感じですね。中でも五輪直前に落ちた鈴木啓太、そしてW杯前に怪我した田中達也、頑張ってほしいです。サントスはディフェンスは無理、中盤で正解でしょう。

試合後のオシムさんのコメント、「日本人のサッカーを考える場合、相手よりも多く走ることを基本としなければ。」。やはり体が小さい分、敏捷性や連携を武器に、最後まで走り切るのが日本人のめざすべきスタイルということでしょう。まったく同感ですね。なにより、見ている我々にとって楽しいサッカーであることは間違いない。

W杯前のマルタ戦後、中田が「サッカーは、走らなければ話しにならない」といっていたのが思い出されます。彼が居たらどういうエッセンスをこのチームに加えてくれたか、無いものねだりですがやはり想像してしまいました。
[PR]
# by japanblue12 | 2006-08-12 10:03 | サッカー

突然ですが

9/M-10/B辺りから、仕事の都合でアメリカに赴任することになりました。
ということで、残念ですがボクスターを手放さなくてはならなくなりました。

購入して半年、距離は約7000kmですが、愛着は増すばかりです。ホントに楽しい車でした。向こうではまたワゴンかRV系に戻るしかないかなーと思っていますが、帰任後またいつか絶対に!ポルシェには乗りたいです。

また、このブログを通して多くのボクスター/ポルシェユーザーの方とお話できたことも、この車のおかげですね。

車は手放しますが、ブログの方は今後とも続けようと思っていますので、今後共よろしくお願いします。

#まだ売り先は決めてませんので、もしご興味あれば非公開コメントで連絡先を教えてください。先に売り先が決まってしまった場合はごめんなさい。
[PR]
# by japanblue12 | 2006-08-06 12:01 | その他