日々思うことを適当に


by japanblue12
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:サッカー( 12 )

国立、行ってきました。やっぱり埼玉と違って近くていいですね(笑)

今回のチームは暫定チームでしたが、フレッシュな顔ぶれに期待が高まります。前回の五輪世代が中心という感じですね。中でも五輪直前に落ちた鈴木啓太、そしてW杯前に怪我した田中達也、頑張ってほしいです。サントスはディフェンスは無理、中盤で正解でしょう。

試合後のオシムさんのコメント、「日本人のサッカーを考える場合、相手よりも多く走ることを基本としなければ。」。やはり体が小さい分、敏捷性や連携を武器に、最後まで走り切るのが日本人のめざすべきスタイルということでしょう。まったく同感ですね。なにより、見ている我々にとって楽しいサッカーであることは間違いない。

W杯前のマルタ戦後、中田が「サッカーは、走らなければ話しにならない」といっていたのが思い出されます。彼が居たらどういうエッセンスをこのチームに加えてくれたか、無いものねだりですがやはり想像してしまいました。
[PR]
by japanblue12 | 2006-08-12 10:03 | サッカー

NAKATA

噂はされていましたが、本当に現役まで引退してしまうとは、、、。

彼のプレイスタイルは大好きでした。
派手なプレイは少なかった彼ですが、守備の読みのするどさ、決して倒れずDFを引きずっていく鬼神のような力強いドリブル、まるで上空から全体を俯瞰してるかのような前線への決定的なパス。

世界のサッカーに僕を連れて行ってくれたのも彼でした。
彼がイタリアに渡っての初戦、ユベントス戦。初めて見たセリエAのドキドキ感を今でも思い出します。パルマ時代にはパルマまで試合を見に行きました。

ピッチ上の彼が見れなくなるのは大変残念ですが、今後の彼にも注目ですね。
そして、やはりゆくゆくは別の形で日本サッカーを引っ張っていってくれることを期待します。
[PR]
by japanblue12 | 2006-07-04 08:54 | サッカー

2010年に向けて

f0013367_8561085.jpgvsブラジル戦、まさにチンチンにやられた試合でしたね。
32チームに入る力はついたけど、そこからベスト16に残る力はまだまだ無いということですね。”本番のブラジル”とやって、その力の差が明確になったことは、これからの日本にとって収穫でしょう。妙なツキで中途半端な負け方をして、課題が見えなくならなくてむしろ良かったのではないでしょうか。でも玉田の得点は素晴らしかった。

振り返ればやはり初戦を落としたことと、その負け方が悪かったですね。しかし、最終戦をしっかり引き分けてくるあたり、オーストラリアもやりますね。そして2010年のW杯予選では、アジア枠にこのオーストラリアが入ってきます。ますます厳しくなりますねー、大変だ~。

中田英寿選手のコメント
「最大限、自分たちの力を発揮していれば、こういう結果にはならなかった。1回目はどういうものかわからなくて、2回目はホーム。今回は初めてワールドカップを戦っていると思った。まだまだ、自分たちの力が足りなかった」

この”今回は初めてワールドカップを戦っていると思った。”というコメント、気に入ってます。本番で力を発揮できないのも実力でしょう。ブラジルは18回目、日本はまだ3回目です。これからこれから!代表引退も噂される彼ですが、彼を追い抜く力の選手がどんどん出てきてほしいですね。
[PR]
by japanblue12 | 2006-06-24 08:52 | サッカー

ボール

f0013367_23412696.jpg
買っちゃいました、フットサル用at 渋谷のKAMO。足でころころしながらW杯、見てます。
うーん、楽しい!
もっと早く買うんだった・・・

ブラジル戦では、とにかく今の力を120%出して、勝ちたいという気持ちが見える必死のplayを見せてほしいですね。結果は必ず後から付いてきますから。
[PR]
by japanblue12 | 2006-06-21 23:46 | サッカー

決戦直前

クロアチア戦まであと1時間となりました。
先日のオーストラリア戦、モチベーションやコンディションが必ずしも万全でない親善試合ならまだしも、すべて万端最高に用意を整えて望んだ試合だっただけに、あのノックダウンのような悲惨な負け方はショックが大きかったですねー。
今日も間違いなく厳しい試合になるでしょうし、前回同様、先に気持ちが切れた方が負けでしょう。
後は日本代表に幸運を祈るのみです。
結果どうあれ、選手共々、サッカーを楽しみましょう!!

話は変わって、この土曜日、Tさんに誘われて初めてフットサルを体験しました。at 駒澤公園。といっても試合ではなく、いつもやられてる方々にとってはウオーミングアップメニューだと思いますが。いや~、キツかった!15分でまさに玉のような汗でした。普段テニスやジムでそれなりに維持しているつもりですが、また全然違いますね。。気分はメッシなんですが(笑)、全然イメージ通りにボールがコントロールできないのでさらに疲れるのです。今日もまだ足が筋肉痛です。
とっても面白かったので、まずはボールを購入して始めてみようと思います。
[PR]
by japanblue12 | 2006-06-18 21:22 | サッカー

バルサ強し

チャンピオンズリーグ決勝 バルサ2-1アーセナル

アーセナルのキーパーが早々に退場になってしまって、ちょっと残念な試合になってしまいました。キーパー退場後は、アーセナルの守備がロナウジーニョやエトー相手にいつまで頑張れるかー、という感じになってしまって。

でも、早いパス回し、個vs個の勝負シーンの多さ、と見所は満載でした。やっぱりこれだよな!と思った次第。われら代表の目指す方向は間違っていない!!

しかし、アンリとエトー。日本にもこんなやつらがいてくれたら、、、と、つい妄想してしまいました。
[PR]
by japanblue12 | 2006-05-19 01:16 | サッカー
サッカー観戦前に『ナスカ展』に行きました。場所は上野、国立科学博物館です。雨だったので空いてるかなと思ってたのですが、逆に外出先が屋内娯楽に向くのか、かなりの盛況でした。

紀元前後を跨いで栄えたナスカ文化ですが、ユーモラスな絵が描かれたブースカ(古!)のような形の陶器の数々や同様の柄が編み込まれた服装品などからは決して豊かではない暮らしぶりが伺えます。
地上絵が描かれた平原と呼ばれてる”岩原”を見れば、雨が少ないのは容易に想像できます。雨乞いや豊作を願って、生きてる人の首を切って神にささげるいわゆる”いけにえ”も行われていたとのこと。それだけ苦しい生活だったのでしょうね。地上絵も、最近一番有力なのは、この手の儀礼に使われていたという説だそうです。
圧巻は10mx3mスクリーンでの上映で、地上絵を上空200mから俯瞰周遊するCG映像です。CGとわかっていても、たまに「実写では?」と疑ってしまうほど。
博物館内も初めて見学しましたが、まさに科学百科事典の中を歩いているようです。親子連れが多かったですが、親子共に一日楽しめますね。これで入場料500円はお勧めです。ちなみにナスカ展の料金1400円に博物館見学料金は含まれます。

さてvsスコットランド。
スコットランドは引き分けでも優勝なので”ドン引き”でした。
日本は全般的に良かったのではないでしょうか。細かく速くパスを繋ぐ、個人で勝負する、といった場面が多く見られ、今日のように引いたデカい相手に対しても、決定的なシーンを何度も作れましたし、見ていて負ける気はしませんでした。ただ相手は2軍、かつブルガリア戦から1日しか休んでないことを考慮すれば、少なくとも勝ってほしかったですね。今日は小野がMVPかな。中沢の怪我も大したことなくて良かったですが、代わりに出た坪井も凄く良かったです。坪井の完全復帰も嬉しい限りです。
明日はいよいよ代表の発表ですが、FWが一番わかりません。この試合では久保はやはりまだ試合勘が戻ってないように見えました。良かった時のダイナミックな動きが見られず、巻の方がゴールの可能性を感じました。玉田は点は取れませんでしたが、一試合ずつ良くなってきてるように見えます。
柳沢と久保、体調は戻っても試合勘が戻るには後2試合の練習試合では足りないと思います。特にFWのように一瞬が勝負のポジションは今調子のいい選手”も”選んだ方がいい気がしますけど、どうなんでしょうねぇ。ぼくだったら大黒と巻かな。

発表は明日PM2時!
[PR]
by japanblue12 | 2006-05-14 02:23 | サッカー

VSブルガリア

うーん、、、後味の悪い試合になってしまいました。
最後の1点、取られ方がなんともあっけなさ過ぎたし、その前のファウルの原因になった加地の相手を引っ張るプレーもレベル低いですね。最後のバテる時間帯なのできついと思いますが、安易にああいうファウルをああいう時間にああいう場所ですべきではないということですね。
川口もあの程度のボールなんとかしてくれよー。

収穫としては、やはり巻でしょうか?気持ちが出ていただけでなく、いい所にいたしポスト役もうまくこなしていたと思います。後、みなさん、ここでアピールしないと!という気持ちが、いい意味でも悪い意味でもすごく出ていた気がします。ちょっと攻めに力が入りすぎだったかな。

さて15日のW杯代表発表、誰が選ばれますかね?
ジーコの場合サプライズは無い気がしますが、ここに来てFWが心配です。久保、私が大好きな選手の一人です。トップコンディションなら先発確定で選ばれるでしょうが、直近のJリーグを見てもまだいい時には程遠いように私には見えます。後は柳沢も怪我上がりだし。

以下、今日時点の私の予想です。
GK
土肥 洋一   
川口 能活   
楢崎 正剛   

DF
田中  誠   
宮本 恒靖   
三都主アレサンドロ
中澤 佑二   
坪井 慶介   
加地  亮   
駒野 友一   
茂庭 照幸   

MF
福西 崇史   
小笠原満男   
小野 伸二 
中田 英寿
中村 俊輔
遠藤 保仁
稲本 潤一
阿部 勇樹 or 松井 大輔 入ってほしい!

FW
玉田 圭司
高原 直泰
柳沢 敦
久保 竜彦 腰の具合次第では=>巻 誠一郎もあるか

13日はvsスコットランド、スタジアムに行ってきます。
[PR]
by japanblue12 | 2006-05-10 03:08 | サッカー
今日の相手はレベルが高すぎず低すぎず、代表のいい所悪い所が良く見えました。
そういう意味でとてもいい試合だったのではないでしょうか。

まず、良かった所
前半の代表は、守備面では前線からプレスが利いて一人を3人位で囲い込んで前の方でボールが取れたり、また逆襲される場面でも、前の方でうまく相手の攻撃を遅らせる対応が多く見られて落ち着いて見ていられました。攻撃面ではサイドのタイミングの良い上がりが何度か見られました。これがいい時の代表だと思います。そして中村のコーナーキックから高原のヘディング!そして最後諦めかけた頃に、同じく中村から精度の良いセンタリング&ヒデのヘディング!!素晴らしい・・・昨年のアジアカップ辺りから、途中で諦めないこのメンタルが結果につながっています。

次に悪かった所
後半、1点負けていることもあってか、相手が日本の低い位置からプレスをかけてきました。こういう攻撃は昔から日本は苦手ですね。この間のアメリカ戦もそうでしたが、低い位置からプレスを受けると、昔よりは全然うまくなりましたがまだボール回しの技術が低く、苦し紛れに不正確なボールを前線に出してはまた相手に取られて連続攻撃、という悪魔のサイクルに入ってしまいます。こういう時、逆にボスニアは個人技が高く、後ろからうまいことボールを繋いで前線まで運んできていました。今日のボスニアは後半になっても落ちませんでしたね。逆に日本の方が出足が落ちてきて後手後手に回りだしたな、と思っていたら得点されてしまいました。移動や直前のゼロックススーパーカップの疲れがあったかもしれません。

2点共、中沢君vsバルバレスでした。1点目は中沢君のバルバレスに対するカバーが遅れたことが原因のPKだと思うし(ホントはPKでは無いように見えましたがバルバレスの方が役者が上)、2点目も彼にマークについていたのにうまく体を入れられてヘディングさせてしまったことが直接原因でした。明らかにバルバレスの方が個人技が上でした。中沢君にはよい経験になったのではないかと思います。
2点目に関しては、間接的には、その前のフリーキックにつながったサントスのイエローカードもらったplayの方が問題だと思います。かれはすぐ走ることをサボって体で止めようとする。攻撃面ではいい味出してるだけにああいう所だけW杯までに直してほしいです。

終了間際の同点、本番だったらこれで勝ち点1、選手も大喜びだったと思います。しかし今日はそういう所は見えなかった。(柳沢だけ妙に笑顔でしたが) 当然練習試合ということもありますが、特に後半の押し込まれ具合など課題がしっかり見えたことから、そういう気にはならなかったのだと思います。というか、そう思いたいっ!!
頑張れ、ニッポン!!
[PR]
by japanblue12 | 2006-03-01 02:18 | サッカー

トヨタカップ

今年から欧州vs南米だけでなく、アジア、アフリカ、オセアニア、北中米カリブのクラブチャンピンが加わりましたが、やはり最後は2強の決勝戦になりました。
結果は、ご存知の通り南米代表のサンパウロFCが勝ちました。内容も、今回は勝運がサンパウロにあったかな程度の拮抗した非常にレベルの高い良い試合だったと思います。日テレがやたら”地球一”を連発するのには、個人的に水を刺されましたが。

今までのトヨタカップは欧州vs南米で世界一決定戦のように言われてましたが、その他の地域のチームにも参加資格が与えられてopenな大会になったということで、今後必ず面白い大会になっていくと思います。ただ現状参加チームのレベルは、まだ2強との差は大きいと感じました。しかし、これは国を超えて選手が集まるプロチーム同士の戦いですから、国対抗のW杯と比べてチーム間の差がより大きくなってしまうのは当然と思います。

しかし!我らがJリーグもどんどん強くなってますから、近い将来是非この大会に出てもらいたいですね!トヨタカップがずっと日本で行われているのは、応援に中立で安全であることも重要な要素とか。それって悪く言えば、その試合に関して第3者である=サッカー後進国であり、治安が良くて高いチケット買って見に来てくれることを期待されているということではないかと。

いつかJリーグチームがこの大会に参加して、FIFAが開催地変更を考えないといけないくらいにしてやりたいですね!そうなったらチャンピオンズリーグのようにホーム&アウエーにしたりすると凄いことになりそうですが、現状選手の負荷を思えばそれは無理でしょうねー。

しかし、ジェラード、いいですねー!前回のW杯は怪我で出れませんでしたが、06で出てきたら今回のイングランドは強そうです。
[PR]
by japanblue12 | 2005-12-18 23:44 | サッカー