日々思うことを適当に


by japanblue12
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

[初]サーキット走行

f0013367_1193742.jpg

筑波サーキットT1000コースで行われた走行会に参加してきました。
せっかくのポルシェ、街乗りだけでは車が可哀想、一度はサーキットで思い切り振り回してみたいと以前から思っていました。今回、同職場のサーキット走行経験豊富な方から、この会なら初心者でも安心して参加できるとお聞きしたのと、今回ご自分も参加されるということで、「この機会を逃す手はない!」、同職場のBMW330i乗りの方と3人で参加してきました。
f0013367_957174.jpg

曇天の下、「雨降らないでね・・・」とお祈りしながら、朝5時半に家を出発。筑波サーキットには6時45分頃到着しました。

7時に開門、主催者の方々の誘導で、それぞれに用意された駐車スペースに停車し、走行の準備を行います。1台あたり2台分のスペースが並びで用意され、そこに走行に不要な荷物諸々を置くのに利用します。皆さんタイヤ空気圧の調整は元より、気合の入っている方々はナンバーや助手席をはずしたり、リアウイングの取り付け、タイヤ交換などもされています。私は洗車道具を降ろす程度で何をして良いのやら、という感じでした。^^;)

7時半から計測器とゼッケンが配布され、8時からドライバーズミーティング。主催者の方々&参加者全員の自己紹介の後、サーキットの管理の方から走行上の取り決めとマナーの説明がありました。My987の勇姿です。↓
f0013367_9574271.jpg

そしてお隣には986とエリーゼが。↓986はなんと女性オーナーの方でした。駐車場を見渡すとだいたい同じ車種でグルーピングされた駐車配置になっており、主催者の方が、参加者の交流にも配慮されているのがよくわかります。
f0013367_9581457.jpg

今回の参加車は59台。それぞれの持ちタイム順に5つグループに別れ、1回15分の走行を午前2本午後3本合わせて5回行います。私のような初体験組は、最初は一番タイムの遅い組に入ります。タイムが上がれば上位のグループに組み替えられるシステムです。私は、結局最後まで一番遅いGpでした。(笑)

9時からいよいよ走行開始です。まず最初はA組(最速)の方々から。このグループは他のGpと気合の入り方に明らかに差がありますね!エンジンの音が違います。皆さん後ろに羽根が付いてますし。
f0013367_9585334.jpg

我々E組は10:00から最初の走行です。ヘルメットとグローブをつけると緊張感と期待がぐっと高まります。コースインをパドック横で待つの図↓。
f0013367_9591542.jpg

そしていよいよコースインです。
f0013367_9593553.jpg

プロドライバーの先導で2周の完熟走行を行い、その後一度ピットロードを経由してから全開走行に入ります。ドラミの際に、プロドライバーに自分の車で自分も助手席に同乗してコースのライン取りなどを無料でレクチャー戴けるとお聞きしたので、私は始めてということもありさっそくお願いしておきました。ピットロードに入った際にプロに運転を交代します。
そして当初の目的だったこの車の能力の高さを初めて見た瞬間でした。人の運転で、ですが。(笑) プロの運転は、動作は決してばたばたせずゆっくりですしタイヤも鳴らさずスィーと走るのですが、とにかく速い。横Gの強さも体感したことのない世界でした。ボクスターは今月号の”NAVI”で、まさにこのT1000コースで脇坂さんに酷評されてたのでちょっと心配でしたが、いくつかMy987にお褒めの言葉も戴きました。^^)v オートマモードで走っても、ベタブミ走行だとちゃんとレブリミット手前まで回って上段にシフトしてくれるのですね、これも初めて知りました。

その後は、ひたすら試行錯誤の走行を繰り返します。
プロの走行ラインイメージと基本コメント「コーナーはゆっくり入って加速しながら早く抜ける。」と、サーキット先人の同僚からもらったアドバイス「ブレーキで前輪に加重が移動した状態でコーナリングに入り、その後加速しながら後輪加重で抜けることで、なるべくアクセルを踏んでる時間を長くする。」を頭において走ります。
しかし最初はとにかく熱くなるばかりで、いろんなことに気を配る余裕がありません。最初はマニュアルモードで走っていたのですが、基本的に2速と3速しか使わないのに、情けないことにそれでもコーナーを繰り返すと今何速なんだかわからなくなります。プロもオートマモードで走って十分速かったので、とりあえず慣れるまでは自分もオートマモードで走ることにしました。
しかし、走るたびにラインやブレーキポイント&強度は違うし、自分が早く走れたかなと思っても、タイムと相関がない状態が続きます。
T1000は文字通り一周1km。トップスピードは、バックストレートでも120-130km程度。なので、コーナリングの腕の差が出るコースだと思います。ここをA組トップは38-39秒台で走ります。私は、最初50秒台からスタートしましたが、5回の走行で結局ベストラップ46秒197まで縮めることができました。59人中49位。

タイヤはこんなになっちゃいました。↓わかりにくいですが、3皮くらい剥けた感じです。表面の固まりはタイヤかすで、最後の方は他人のかすも拾ってはかなりゴツゴツ走行になってしまいました。
f0013367_10162830.jpg


この走行会で、プロの異次元の運転、自分の未熟な運転を助けてくれる動き、この2つを通して当初の目的だったこの車の性能の高さを体感することができました。ブレーキを遅れて強く踏みすぎ初ABSも何十回も体感できましたし、コーナーで早くアクセルを開けすぎて何度か車が滑り出しましたが、アクセルを戻せばすぐグリップを回復して頭がイン側を向いてくれることもわかりました。たまにうまくコーナーを回れた時、後輪加重でずりずり滑りながら加速していく感覚もたまりません。

しかし今以上2秒3秒とタイムを縮めるためには、一度スクールに入らないとダメですね。完全に壁にぶつかった感じです。プロのように、ゆっくりした動作でタイヤも鳴らさず、”安全に早く”走れるようになりたいです。これは公道での安全な運転や危険回避の時にもかならず通じるものがあると思います。

今回参加してみて、とにかく大満足です。また機会を見つけて参加しようと思います。
f0013367_1373656.jpg

[PR]
by japanblue12 | 2006-04-08 23:54 | 987

お花見 at 砧公園

f0013367_9384869.jpg

#春らしく、明るめのスキンに変更です。
今日はぽかぽかで絶好のお花見日和でしたね。
毎年、ウエルサンピア東京でのテニスと、その横の砧公園でのお花見をセットでやってます。
f0013367_9394914.jpg
飲み物食べ物はそれぞれ持ち寄り、私の担当はピザ。ピ○ーラ砧店では、私の住所は「ウエルサンピア東京前」で登録されてます。(笑)

桜は八分から九分咲き程度。なので、多少風が吹いてもまだ花は散りません。
私的には、散り際の桜がなんとも儚くて好きです。中目黒辺り、目黒川を、散った花びらがピンクの雲のように流れるのが素敵です。可能なら船に乗ってピンクのトンネルを下ってみたい。

桜は昼と夜でまた別の顔を見せますよね。昼は、まさに爽やかな春の到来を感じさせますし、夜桜は色っぽく、妖艶な雰囲気を感じます。
f0013367_940583.jpg
お花見の後は、テニス。
軽く入ったアルコールが一気に抜けます。

さて、来週土曜日ですが、筑波サーキット コース1000での走行会に参加することにしました。勿論サーキット走行は初めてなので、とても楽しみです!
天気が良いといいのですが。

ということで、この件はまた来週カキコミます。
[PR]
by japanblue12 | 2006-04-01 10:20 | その他